ACT hair creation

Contents

オンラインショッピング

ブログ紹介

店舗情報

奈良市富雄の美容室

奈良市富雄のこだわり美容室
独自カット技法と縮毛矯正&
ヘアカラーの美容室

ACT hair creation
(アクトヘアークリエイション)
〒631-0061
奈良県奈良市三碓1-6-18
電話番号
TEL: 0742-51-3088
(御予約優先制/当日OK)

 

匿名アンケート

より良いサロン環境をご提供する為、ACTにお越し下さった御客様からのご意見を受付ております。お手数をお掛け致しますが、こちらの「アンケートサイト」からご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

【 おすすめリンク 】
 
HOME»  小川のブログ部屋»  その他»  人生をちょっと暴露!?お金と美容について考えてみた!(前編)

人生をちょっと暴露!?お金と美容について考えてみた!(前編)

人生をちょっと暴露!?お金と美容について考えてみた!(前編)

皆様こんにちは、ACTの小川です!
今日は「お金と美容」についての記事に
していきます!



いきなり、お金って…
なんか「お金の亡者」みたい…
って思われちゃうかもしれませんね☆(笑)

私は美容界に入って20年になりますので、
美容技術については「髪のプロ」と断言でき
るのですが、経営者という立場ではまだ6年
程度の経験しかありませんので、まだまだ
初心者です。

そして今までずっと美容技術一筋でやって
きましたので経営の勉強だけでなく「お金」の
教育も受けたことがない、という事に
改めて気が付きました。

何の為に仕事をし、お金を稼ぐのか?
何の為に美容というお仕事をしているのか?
仕事の価値とは?カットの価値とは??

その本質を理解する事が美容技術の
価値を更に向上させるのに必要不可欠だと
感じています。

私は子供の頃から両親に
「勉強していい高校に入って、いい大学にいき
、大手の会社に入りなさい。そうすればお金に
苦労しないし、いい人生が築き、素敵な大人
になれるから」と聞かされていました。

幼少期に親から教わる事は絶対だと思って
いましたし。それが正しい人生なのだとも
思っていました。

父も母も某企業に勤めてくれたお陰で
私はお金の不自由なく成人まで育てて
もらいました。恐らく、私が両親からして
貰った事と同じように、自分の子供に
やって上げられるかは正直言って
分かりません。

しかし、そんな両親の姿を見て育っても、
「両親のように自分もいい会社に入りたい!」
とは思いませんでした。

なぜなら、両親の姿を見ていて…
人生が楽しい・幸せな人生、といった毎日を
過ごせているようには思えなかったからです。

父は仕事で忙しく、普段は会社に泊まり、
週末になると1日だけ帰ってくる生活でした。
そして家でも部屋にこもって仕事をする生活
です。
母は結婚後、会社を退職して専業主婦で
家事に子育て、といった感じで両親から
精一杯に育ててもらいました。

貯金のため、家族を養うため、家のローンを
支払うため、税金を払うために仕事する。
1日24時間の限られた時間の中で、人生を
仕事のために生きて、家族との交流を無くし、
友達と楽しい時間も過ごす事は無く、
とくに趣味もない…そんな日常と仕事の働き方
を見て、私は子供ながらではありますが
そんな毎日が良い人生とは感じなかったのです。

いま思い返すと、だからこそ、私は美容師と
いう道を選択をしたのかもしれません。

そんな感じで、学生→社会人→独立と
いう流れで今に至りますので、「お金」について
の知識や勉強が全くなかったわけです。

日本では「人前でお金の話を人前でしちゃだめ」
「お金は汚い」とか言われますが、海外では
お金についての会話は日常だそうですね。
そして、その会話が仕事の効率化アップや情報
交換、ビジネスへの発想にも繋がります。

ちなみに、「儲かる」「儲からない」で私の経営
スタンスで言いますと「儲からない」経営だと
言えます。その事については自店のホーム
ページにもあります通りです。詳細は
カットの特徴」というページを見て頂けましたら、
その事がお分かり頂けるかと思います。

例えば、カットについてのお金と価値に
ついてです。15分で3000円のカットと
60分で6000円のカットがあったとしまし
たら、どちらが儲かるでしょう?
もちろん、15分3000円のカットを4人すれば
60分で12000円になりますから、比較しますと
利益が2倍になります。

しかし私は「幸せな人生の選択をする」
という事を人生のテーマとして
掲げていますので、プロの美容師として
「技術を通じて御客様に喜んで頂きたい」
それが私にとっての幸せに繋がるからです。

確かに、売上が上がってくれますと、
もっと今以上に色々なことが出来ますし、
もっといい洋服を買うことも出来ます。
食事も高級なお店に行けることもできます。

しかし、美容のプロ(美容の職人)として、
時間をかけた独自カットの技術が御客様に
とって最良、だと分かっていながら売上の
ために、カットの時間を短縮して御客様の
人数を多くこなす働き方という選択は、
私にとって不満足な結果に繋がります。

恐らく、さまざまな「職人」と言われる人たちは
皆同じ選択をするでしょう。しかし、その選択を
する事でいまの日本の伝統文化や匠の技の
継承が困難になっているというのも事実。

早くて、安くて、上手くて…
いまの日本のファッション、モノ、サービス全般
がそういった流れになっています。
当然、平均月収の低下や物価の高騰が
そういった選択をせざるを得ないことも
現実としてあります。だからこそ、日本は
「技(技術)」という目に見えないものに
対しての評価や対価が海外も比べて低いと
も言われます。

日本にくる海外からの旅行客の方は
日本の手作りのものや伝統工芸品に
とても関心が高いそうです。それも
技術やモノづくりに対しての評価、
機械ではなく「人の手」が加わることへの
価値への表れだと感じています。

私はこれからも美容師という職を通じて
御客様に価値を伝えれる技術を
精一杯にご提供したいと思います。

最後までお読み下さいまして誠に有難うございました。

2018-03-13 02:45:31

その他   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント